体重管理表を書こう

体重管理表を書こう

体重計には毎日乗ること。

 

自分でグラフを作ったり表を作ったりして毎日体重を測って記入することによって、体重の変化が自ら実感できると思います。

 

最初の1・2キロの減量は見た目もあまり変わりませんので、減ったことに気づかないです。

 

しかし、数字にして目で見ることで、体重が減っていることを実感して次への減量に繋げることができるはずです。

 

 

逆に1・2キロの体重増加もあまり気づかないうちに起こっていますので、

 

毎日体重計に乗って常に自分の体重を把握しておかないと、増えていることも知らずに

 

油断して体重が増えてしまう可能性もあります。

 

体重を測る時間にも気をつける必要があるのを知っていますか?

 

毎日ばらばらな時間に体重を測ってしまっては、測る意味がありません。

 

一日目は朝食後、二日目は昼食後に測った体重で、一日目より体重が増えてると思っても

 

朝食より昼食のほうがしっかりとる人が多いですので無理はありません。

 

また一日目の昼食後、二日目の昼食後に体重を測っても、毎日同じメニューを食べている人はほとんどいないので、
その日に食べた物、量によっても体重が変わってしまいます。

 

飲食後の体重測定は、正確な体重とはいえないということです。

 

体重は常に条件を一定にして測ることが重要です。

 

毎日、朝起きてトイレに行き朝食を食べる前に測ることをおすすめします。


体重管理表を書こう - 産後ダイエット成功のコツ関連ページ

ダイエットの協力者を作る
レシピの計画を立てる