食事の時間と回数

食事の時間と回数

朝食は必ず取り、一日三回を心がけましょう。

 

特に朝食には夜に下がった体温を上げる効果があり脳や体を活発にしてくれる役目を果たします。

 

朝食を抜いてしまうと脳は空腹、エネルギー不足を判断してしまい昼食でその不足を補おうとして過食を招き、肥満へと導いてしまいます。
朝食を毎日摂取する人と摂取しない人では摂取しない人の方に肥満が多いということも調査で分かっているようです。

 

痩せやすい体を作り出す元となるのは朝食になりますので必ず朝食は取りましょう。

 

食事時間もなるべく同じ時間帯に食べることがいいようです。

 

毎日ほぼ同じ時間に摂取することで体内を安定させ、食事の際に適正に消化液などが出て食事を消化しやすくしてくれます。

食事にかける時間も大切です

 

時間が無いからといって、短時間で飲み込むようにして食べれば、胃腸に負担をかけてしまいます。

 

一口に30回以上くらいよく噛むということを気にしながら食べると、自然と満腹感も変わってきます。

 

めんどくさいかもしれませんが、一口食べた後に水を必ず飲むことをすれば摂取量が自然と変わってきます。

 

一日三回という食事から食事の時間帯、食事にかける時間を意識して、食生活を改めてみましょう。


食事の時間と回数 - 産後ダイエットと妊婦の体重管理ガイド関連ページ

食事制限ダイエットとリバウンド
過食症と拒食症
離乳食ダイエット