過食症と拒食症

過食症と拒食症

ダイエットとリバウンドを繰り返し自分でも気づかないうちになっている病気が過食、拒食症。

 

私も高校生の頃に体験しましたが、精神的にも辛いものです。

 

痩せたい痩せたいという気持ちがどんどん増していき、
「食べ過ぎた時は吐けばいい」
そういう間違った考えがこの二つの病気へと導いてしまいます。

 

 

食べても食べてもお腹が満たされず、限度となく食べ続けてしまい、自分を見失ったように弁当5つなどを普通に食べてしまいます。

 

自分が正気に戻った時にはこんなに食べたら太ってしまうと、食べた分を出すように嘔吐する。

 

それが癖づいてどんどんエスカレートして、いつのまにか食事ができなくなる拒食症になり、

 

痩せるどころか服がブカブカになるほどのガリガリになってしまいます。

 

 

過激なダイエットで体重をいっきにおとせば体調を崩しそれでも続けてしまうと

 

場合によっては命を奪うことになり兼ねません。

 

最近のニュースでは、結婚間近のためにカロリー制限の食事制限ダイエットで、たった11週間で20キロのダイエットに成功した、アメリカ人女性が亡くなってしまいました。

 

誰でも短期間でたくさんの体重を落としたいという気持ちはありますよね。

 

急激なダイエットを行うことは、本当に命に関わることなんだということを改めて実感させられました。


過食症と拒食症 - 産後ダイエット関連ページ

食事制限ダイエットとリバウンド
離乳食ダイエット
食事の時間と回数