食事制限ダイエットとリバウンド

食事制限ダイエットとリバウンド

食事制限ダイエットには、様々な恐怖が待ち受けています。

 

絶食や食事制限で落とした体重が、痩せたからといって満足し普通の食事に戻したら

 

元の体重に戻ってしまう、またはそれ以上の体重になってしまうというケースは

 

食事制限ダイエットをしたことをある人のほとんどが味わうリバウンドです。

 

 

落とした体重が多ければ多いほどリバウンドも多いので、食事制限ダイエットでの過度な体重減量はおすすめできません。

 

リバウンドはなぜ起こるんでしょう?

 

それはダイエットをすることによって栄養が今までよりも不足になるため

 

ホメオスタシスというエネルギー消費を減少させる機能が働きだします。

 

体重が落ちて満足した人はダイエット前の食事に戻してしまいホメオスタシスが

 

働いてる(エネルギーを減少させている)にも関わらず余分な食事を摂取してしまい

 

余分なカロリーは体へと蓄えられ脂肪になっていきます。

 

リバウンドを防ぐには体重の減少だけを目的に食事を減らすダイエットをするのではなく

 

食事内容から変えていき、希望の体重に達しても元の食事に戻さずキープするために継続できるような食生活を送りましょう。

 

絶食や夕食抜きという極端なダイエットは、一生キープできる食生活ではありません。

 

過激な食事制限はリバウンドが先に見えてるダイエットということを頭に入れておいてください。


食事制限ダイエットとリバウンド関連ページ

過食症と拒食症
離乳食ダイエット
食事の時間と回数