産後の胸

産後の胸の張り

妊娠初期になると胸の張りを感じる人が多く見られます。

 

妊娠初期の胸の張りはホルモンのバランスにより生理のときにもみられるような張りですが、
妊娠中期から後期は乳腺が発達して母乳が準備される為に胸が張ってきます。

 

産後には母乳が作られるため胸が今まで以上に張るようになります。
乳腺に母乳が溜まっていくので胸も大きくなるのですが、その分皮も伸びていることを予想もせず
バストが大きくなったと喜ぶ人も少なくはありません。
しかしそれは授乳中だけの喜びです。

 

産後半年くらいまでは母乳時間が一定じゃなく胸の張りも安定しませんが、
半年過ぎると作られる母乳も決まってくるため胸の張りも安定してきます。

 

半年頃から離乳食も始まる為、産後の頃に比べると徐々に母乳も作られる量が
減ってくるので徐々に乳腺を通る母乳も減ってきます。

 

ただこの頃はまだ母乳自体は作られているのでそれほど胸に変化はありません。

 

多くの人が胸の張りがなくなった、バストが小さくなった、胸が垂れたと感じるのは卒乳をして母乳が作られなくなった時です。

 

乳腺や母乳によって大きくなっていた胸は小さくなっても伸びた皮は戻ることはないので、胸には張りがなくなってしまいます。

 

胸の張りは人それぞれですが元々胸が大きい人ほど卒乳後のバストダウンも激しく垂れた胸が強調されやすくなるようです。

 

私も元々バストが豊かな方でしたが産後は元のサイズよりも2カップ上がり、
卒乳後は元のサイズより2カップ下がったため、4カップ分の皮の伸びにより胸の張りは全くといっていいほどなくなりました。


産後の胸の張り - 産後の悩み関連ページ

妊娠線は一生消えない?
産後のお腹のたるみ