太りすぎは難産の危険性

太りすぎは難産の危険性

難産だった人で多いのが太っている方です。

 

太ると自分に残るのは脂肪ですよね。

 

脂肪がつくのは腕や足、お腹だけではなく赤ちゃんが生まれてくる為に通る産道にまで脂肪がついてしまうので、産道は狭くなってしまいます。

 

必要以上の食事を摂取してお腹の赤ちゃんは大きく育っても、産道が狭くては赤ちゃんが一生懸命出てこようとしても出にくいですよね。

 

子宮口は全開なのに赤ちゃんが出てこないってケースも多いので、吸引分娩等で引っ張るのですがとても痛いみたいです。

 

太っている人、全員が難産ではありませんが自分の為にも赤ちゃんの為にも体重管理は必要です。

 

また背が小さい人は骨盤が小さい人が多くあまり子供が大きくなると帝王切開になってしまうこともあるようです。

 

出産は一人一人感じ方も痛さも辛さも違いますので長い時間がかかって出産しても安産と感じる人もいれば時間は短くて出産しても難産と感じる人もいます。

 

安産でも難産でも出産は辛くて苦しいものです。

 

でもその辛さがあるからこそ命の誕生の感動があります。

 

出産は自分だけではなく赤ちゃんも辛いことも忘れないようにしましょう。


太りすぎは難産の危険性 - 妊婦の体重管理関連ページ

体重増加は妊娠中毒症の原因にも